ここから始まる物語

さあ、ここからガンガンとやっていきましょう

かいじゅう咲ちゃんやって来た

読了までの目安時間:約 2分

 

我が家に平成25年の年末に、可愛らしい女の子が生まれました。自分で可愛らしいと書いてしまいましたが、匿名ですので親バカ全開で書かせてもらいます。

生まれたての頃は昼夜問わずに泣いていて、授乳口のついた洋服は、いつもボタンが開けっ放しだったように思います。
遊びに来てくれた友人に指摘されるまで気付かないこともしばしば。
私も初めての育児で、里帰りをせずにしていたので、何もかもが必死でした。

それでも何もかもを犠牲にして、向き合うことが出来るのは、わが子だからこそだと思います。
これが自分の子供ではなかったら、私には育児をする自信がありません。
人のお子様は、抱っこするだけでも気遣います。

そう思ったら、プロの保育士さんや幼稚園の先生は、日々何人ものお子さんを相手に、色んな事務作業も傍らに抱えて、必死だと思います。尊敬します。

そんな我が家の娘っ子も、早いものでもう少しで1歳になろうとしています。
まだずりばいしかしていませんが。

最近は、言葉にならない言葉ですが
「まんまんま~。」
「うまうまうまうま。」
などなど、文字ですら表現することの難しい言葉を結構大きな声で叫んでいます。

新生児の頃はすやすやと眠っている妖精のようでしたが、今じゃあお家を大冒険して、大騒ぎしてくれるかいじゅうになりました。

これからも健やかに大きくなあれ。

惑わされないようにしよう

読了までの目安時間:約 3分

 

『半額』という言葉が並びますと、
世の奥様方だけではなく、大半の消費者の皆様が、
心踊る謳い文句であります。
購買意欲をそそるには、まさにうってつけですが、
更に購買意欲を掻き立てるのは、言うまでもなく、『営業』さんの腕次第でしょう。
今回は、『営業』さんの動向で、消費者が退いてしまうパターンです。

『半額!全品売り尽くし』の垂れ幕がありましたので、
とあるスーツ専門店に足を踏み入れました。
根本的に長身で痩身を地で行く者なので、
悩むどころか、既に諦めているのは『衣装問題』です。
縦に合わせようとすると、横に大きくなるサイズに身体が合わず、
横に合わせようとすると、縦が小さくなるので丈が短く、
裾上げ等の手を加えるだけで、価格が異様に跳ね上がっていきます。
しかし、大々的に前に押し出された『半額』の可能性を信じたのです。

『半額』という事は、会社にとっては赤字覚悟なのでしょう。
その不利な状況下でも、何とかするのが『営業』さん。
新たな逸品を安価に抑える為に物色中の逸般人に向けて、
「これなんて如何です?」と差し向けられたスーツは、
五万円也・・・
半額のタグがついて五万円という事は、通常価格は十万円です。
中古のスーツの相場は約一万円程度ですから、
まさに、月とスッポンです。

関西圏では、いい物をどれだけ安く抑えるかが美徳の一つとされています。
が、やんわりと断っても『営業』さんの攻勢は止まりません。
順調に価格を下げるものの、一旦、冷水を浴びせられた意欲は到底戻る事はありません。
店内をくまなく歩き回り、一万五千円まで粘って
頑張っての上下一着で折り合いをつけました。

しかし、まだまだ粘る『営業』さん。
「このスーツなら、このコートが合いますよ」と持ってきたコートの価格は、
半額の札付きで五万円也・・・
テンドンやないか!とツッコミたくなる心を押さえ付けてあっさり断りました。
半額の字面だけで大攻勢に出る営業さんに、疲労感だけが残った一日でした。

明日はゆっくり休んで、午後からここで脱毛してきま~す☆

自分の居る場所を替えてみる。

読了までの目安時間:約 2分

 

私は現在福岡に住んで居ます。けれど私も主人も実家は関東や東北で、九州には縁もゆかりもない。元々お互いに東京で暮らしていてふとした事で出会った2人。すぐに同棲を始めて4年目、途中で色々ありましたが、それも乗り越え結婚する事になりました。しかしそのタイミングで主人の会社が倒産…すごい始まりでした。でも、前職で一生懸命頑張っていた事もありクライアントからのオファーもあり独立して会社を立ち上げる事になりました。初めてのことは楽しいし、業界内からも注目を浴びていました。クライアントも沢山増えて従業員も増えて、収入も増えました!...が...ついにあの日が...3月11日東日本大震災。海外の大きいクライアントは取引中止。工場は被災して商品を作れない...ひどい悪循環でした。子供が産まれたばかりなのもあり、ギャンブルの様な自営業はやめて一度真っ当になろう。と主人と話した結果、会社を計画倒産させることに。引越し、弁護士とのやりとり、再就職などそれはそれは忙しかったですがやって良かった!今は再就職先が福岡支店になり東京の雑踏からしばし離れて平凡で安い給料ながら平和に幸せに暮らしています。平凡って幸せだ!

友達と富士急ハイランドへ

読了までの目安時間:約 2分

 

昨日は大学の友達3人と富士急ハイランドに行きました。

7月に計画していたのですが、台風の影響で行くことができず、とても楽しみにしていました。
レンタカーをかりて行きました。3人のうち私は初めての高速の運転でもう1人はペーパードライバーで、初めて人を乗せる子でとても、緊張しました。ですが無事に富士急ハイランドにつきました。平日だったのもあり結果空いていました。高飛車、フジヤマ、ドドンパ、ええじゃないかなど主要となるジェットコースターにのることができました。私たちはジェットコースター中に撮られる写真にとてもこだわっているので大仏ポーズ、猿ポーズなどさまざまなポーズに挑戦しました。

最近フジヤマに乗った時はいつ写真がとられるなか曖昧だったためうまく成功しませんでした。ですが2回.3回しているうちにどこでとられるのか分かり、3回目はとてもうまく撮ることができました。そして記念に一枚買ってかえりました。

そして、そのあと富士急ハイランドにある温泉に入りました。
サウナ、露天風呂、ジャグジー、炭酸風呂などあり1日の疲れを癒すことができました。
帰りの運転は、みんな疲れていて眠くて大変でした。

ですが無事に家に着くことができ、とても充実した1日になりました。

サイクリングを通して感じたこと

読了までの目安時間:約 2分

 

最近、休みができたのでサイクリングに行くことが増えた。距離はだいたい40キロ。その40キロの間にいろいろなことを感じることができた。

町から離れ田んぼ道へ行くと、農作業をしているおじいちゃんおばあちゃんがせっせと農作業をしていた。お昼時にはおばあちゃんが作ったのであろうおにぎりを美味しそうに食べていた姿を見て、日本は東北は平和であるということを改めて感じ、気持ちが癒された。

そして行ったことのない道を通ると、旧城下町に辿り着いた。町では見られない造りの家々が建ち並び、レトロな雰囲気に心癒された。昔ながらある和菓子屋やレトロな看板がいくつも貼ってあり、平成生まれの私からすれば何か新鮮さを感じることができた。今の時代に生まれたからこそ古き良き文化や物の価値など知ることができたのかもしれない。

またサイクリングは山道も多く、決して楽なものとは言えない。だが、険しい道を乗り越えたとき何ともいえない達成感を感じることができる。登りきった達成感やパンパンになった下半身から解放されたとき、サイクリングの楽しさを一層感じることができる。

サイクリングを通して、古き良き文化や古い物の価値、レトロな雰囲気や達成感など、一生ものの経験をすることができた。普通に暮らしていては感じることのできない気持ちにさせてくれるサイクリングは私の一生の趣味である。